Takuya Hashimoto official website

プロフィール

橋本拓也 S.42.7.25生まれ、東京都出身。

日々メッセンジャーとして都内を走り、仕事をしながら自分の表現活動を続けている。
音楽の方では、「橋本拓也とボク」というアーティスト名でCDをだしており、Danceの方では、 自分のスタイルというものを探求している。(ここまできたのなら目指すは…Only One!) お芝居、演出の方でも、自分らしい作品づくりを心がけ、よりリアルなものというよりは、今を生きるという事を大切に、唄あり、Danceありという世界をつづけている。

17才の時にJAZZ DANCEを初め、マイケル・ジャクソンに驚き!!(ただし…スリラーでも、ビリージーンでもなく、 ジャクソン5として唄い、踊っていたマイケルに…。)DANCEにのめり込んでいった。夜な夜な、DISCOに通い、 よくあそんでいた…高校の授業をサボり、よくレッスンにもいっていた…高3の進路面談の時、 先生に言ったセリフは…「俺、ダンサーになります!」だった。…そして、それからDancerとして メキメキ力をつけ、Dancerとして数々の仕事をした。(今考えてみると恵まれていました。)

しかしそれだけではあきたらず、THE CONVOY SHOWというエンターテイメント集団に所属。
ここでエンターテイメントとは、舞台人としてとは、人の前で何かする事とは、などなどいろいろな事、 エンターティナーたるやということをみっちりと教えこまれる。(ここでの日々は…汗・汗・汗、とにもかくにも おしまずひるまず、汗・汗・汗、つかれたら、やすむのではなく!もう1歩、前に足をふみだす!!それは… 今でも僕をたすけてくれる…。)

昔から音楽も好きで(この頃はまだ聞くのがね…)バンドをやってみたくなり、バンドを始めた。
LUCKYSというバンド。(レッチリが大好きで…ジョンがね!…フリーもね…あの4人はいいと思う!あの4人が!)
この時に現在の活動でのパートナー中村修司氏と出逢う。(よく夜な夜な、あーじゃねぇこうじゃねぇ… 話してたなぁ…)

演出というのにも興味があり、自分のスタイルというものを模索(模作?)しながらも始めてみた。
まぁ…Dance、舞台、音楽…といろいろとやってまいりました。
人間、45年も生きてくれば、いろいろな事があってきっとこれからもいっぱいいろいろとある。
数えきれないほどの出会いがあって、別れもあった。いっぱい笑いあったことや、いっぱいおこったこと、 たくさん泣いたことや、すごくうれしかったこと…そうゆうことを、全部すべて、ひっくるめて、 そこに立ち、そこを生き、自分の今を生き、楽しむ…それが!TAKUYA's Live。
音楽がある。お芝居もあって、Danceもある。僕のスタイルでの表現…それを日々つづける。
いやぁ…まだまだ学ぶ事が多くて…もうほんといやんなっちゃう。